沖縄での修学旅行(民家体感学習泊、日帰り体験)や、マリン体験、レンタカーのことなら

観光情報

本部町の観光情報

本部の八重岳

八重岳

日本で一番早い桜祭りが開催される八重岳(標高453m)では、1月中旬の寒緋桜(かんひざくら)の開花に合わせて毎年、桜まつりが開催されます。沖縄随一の桜の名所で、のんびりドライブしながら、山すそから山頂まで鮮やかに彩る桜を楽しむことができます。
●那覇空港から沖縄自動車道経由で約105分


瀬底ビーチ

瀬底ビーチ

約800mの天然ビーチ。沖縄本島と橋で結ばれているので気軽に楽しめます。豊かな自然に包まれ透明度も高く地元でも人気スポット。ビーチからは伊江島と水納島(みんなじま)が望め、景観の美しさをさらに際立たせています。
●那覇空港から沖縄自動車道経由で約105分


もとぶ円錐カルスト

もとぶ円錐カルスト

もとぶ円錐カルストは、石灰岩が雨水や地下水などに溶かされてできた地形のことです。国内にある他のカルストと比べ、窪地と丘の高低差が大きく、ダイナミックな姿をしています。日本で円錐カルストが見られるのはここ、山原(やんばる)だけです。
●那覇空港から沖縄自動車道経由で約110分


沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館

誰もが認める沖縄屈指の観光名所。水族館の1階から2階を貫く「黒潮の海」水槽は、世界でも有数の大きさを誇ります。2008年までギネスブック公認の世界最大のアクリルパネルでした。水槽にはジンベエザメをはじめとした大型のサメやエイなどが回遊し、そのダイナミックな光景は圧巻です。
●那覇空港から沖縄自動車道経由で約125分


備瀬のフクギ並木

備瀬のフクギ並木

海洋博公園のすぐ脇にある備瀬集落は、昔からフクギ並木によって台風や潮風から家々を守ってきました。その景観が今も残っており、とても風情のある空間が生まれています。このような景観は沖縄県内でも少なく、まるで昔へタイムスリップしたような懐かしい時間を過ごすことができます。
●那覇空港から沖縄自動車道経由で約125分


塩川

塩川

世界的にもとても珍しい湧き水です。なんと世界で2カ所だけしなかい「塩の川」のうちの1つがここ本部町の塩川。とくに派手な要素があるわけではないのですが、散歩がてらに立ち寄って、自然豊かな川辺の空間で癒されてみては如何でしょうか。
●那覇空港から沖縄自動車道経由で約90分


【本部町の民泊ページへ戻る】